Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS ビジネスプランコンテスト

<<   作成日時 : 2007/02/25 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今年もこの季節がやってきた。第5回SOHOしずおかビジネスプランコンテスト最終公開審査会である。自分は第2回に2本、第3回と第4回に1本ずつ応募参加し、第3回と第4回は最終公開審査会で発表したので、今回3年振りに気楽な気持ちで聴講できることを楽しみにしている。自分にとってこのビジコンは、社会起業家としての力試し であると同時に、 「こうなったらいいな」構想実現化に向けての臨界前核実験でもある。さらに、もう「社会貢献はもうからない」「公務員は経営感覚がない」とは言わせないぞという気持ちで勝負し、それなりの結果を残せたと思っている。
もちろん計画どおりに実現できているわけではないが、第4回で、優秀賞を受賞した「高認コージ」は、 「大検だいすけ」のまま、6年間計5460件の相談記録を無料で公開を始め、高校中退者等の少しでも役に立てればと思っている。第3回で審査員特別賞を受賞した「現物給付型民間介護保険コーディネート〜介護保険の民営化」は、静岡県宅老所・グループホーム連絡協議会の記念講演を担当したり、イベントや広報で連携協力している。さらに「おもてなしバッジ」「いただきます検定」も、実はビジコン挑戦の過程で得たノウハウを活かしている。
振り返ると、ビジコンには「自分の地域がこうなったらいいな」という思いを実現させるの必要な要素がたくさん含まれている と思う。応募すると考えがまとまり、2次面接で突っ込まれると弱点がわかり、2次通過者対象の診断士助言で再整理でき、発表準備で自分が変わり、発表で周りが変わる。もちろん、SOHOしずおかビジネスプランコンテストは社会起業家のためのものではない。しかし、このビジコンで評価されなければ、どんなにいい社会貢献も継続は難しいだろう。今年の最終エントリー作品にも社会起業家的プランが残っている。これらが審査員にどこまで評価されるか大いに楽しみである。

(以下参考)
第4回SOHOしずおかビジネスプランコンテスト 優秀賞
”人生起き上がり小法師” 高卒資格取得応援サービス「高認コージ」
今、年間8万人が高校を中退しています。その原因として、人間関係によるものが増えています。ここから立ち直れない若者は、学校、家族や友達からも孤立し、引きこもりやニート予備軍になると言われています。
 さて、こうした問題はビジネスで解決できないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。経験者や専門家の相談、出願代行などネットを活用した「起き上がり小法師」型ビジネスモデルで、中退者と彼らの未来をつなげたいと思います。
発表映像

第3回SOHOしずおかビジネスプランコンテスト 審査員特別賞
『現物給付型民間介護保険コーディネート〜介護保険の民営化』
コミュニティビジネスを超えた「国を変えるビジネス」として、介護保険制度の民営化ビジネスを提案します。サービスを受けなければ損という現状から、家族や自分ががんばればお金になる仕組みをサポートします。「つづき文学グランプリ」や実行中の「おもてなしバッジプロジェクト」と併せ、NPB(新公共ビジネス)の視点から発表します。ビジコン史上最大級のスケールです。懐はあったまらないかもしれないけど、心があったまるアイデアを感じてください。
発表映像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビジネスプランコンテスト Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる