アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「私のお仕事」のブログ記事

みんなの「私のお仕事」ブログ

タイトル 日 時
こな雪のクッキーって知ってる?
こな雪のクッキーって知ってる? 「ミスターイトウが出している」と聞けば、「なあんだ、スーパーかコンビニにあるよね」って思うけど、これがめったに見つからない。「本通りのローソンに冬のある時期だけ売ってる」とか、「関東では各県1店舗だけで売ってる」などガセっぽい噂があるらしい。先日はミスターイトウのブログでも問い合わせが多いとのことで紹介されたのが、このクッキーである。私は職場の同僚から聞いたが、とってもおいしいのにめったに買えないとのことだったので、ここはあの人、静岡で一番古い駄菓子屋の店長に頼んでみた。ちょっと苦労したそうだが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/12/09 23:41
「何を」以上に大切な「誰と」
「何を」以上に大切な「誰と」 週末、久しぶりに身近な仕事仲間と飲みに行った。自分の場合、同じ地域の異業種や別の地域の同業者との交流は積極的に行っている。おかげで、新企画を思いついた時に相談できるその道の専門家やしがらみなく刺激しあえる仲間が多くできた。一方、身近な仕事仲間での飲み会で、愚痴やその場だけの合わせ笑いほどつらいものはない。しかし、この日のメンバーは、それぞれ、自分がすげーなー、いいなーと思っている3人だし、飲んでも歌っても楽しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/15 00:00
タテ割、ヨコ糸、ナナメの関係
タテ割、ヨコ糸、ナナメの関係 このところ幸せ3角形の1つが絶不調だが、ここ数日少し離れた同業者から相次いでエールをいただき、うれしい限りである。うまくいかない原因は複雑だが、タテ割の関係をヨコ糸で結ぼうとして、人間関係までからまってしまっている。当面はうまくいっているものの方向から修正していこうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/07 22:23
仕事って何だ!働くって何だ!
仕事って何だ!働くって何だ! 昨晩はビネストセミナー「労働契約法(案)セミナー」を聴講した。これまでこのブログで「ハケンの弁当てんこ盛り」や「ハケンの変革」を書いたように、自分にとって派遣社員がぐんと身近になった他、ビジネスプランコンテストに参加したり、地域シゴトの学校等で社会起業家を学び、「仕事」や「働き方」が急激に多様化していることを感じるようになった。そこで、今後制定されそうな法律という切り口から仕事を学ぼうと考えたからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/05/19 23:44
「偉くなりたいか」アンケートで
「偉くなりたいか」アンケートで 先日、日米中韓4か国の高校生を対象にこんなアンケート調査結果が発表された。意欲に関する質問「偉くなりたいか」に対して、「強くそう思う」と回答したのは、中国34.4%、韓国22.9%、米22.3%に対し、日本は8%だった。主な理由は「時間がなくなる」「責任が重くなる」などであり、主催者の日本青少年研究所は「日本の高校生は今を楽しむ志向が強く、将来に向けた勉強などに無関心」としている。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/12 23:06
嵐の時には歯を磨いて
嵐の時には歯を磨いて 「嵐の時には歯を磨いて」。15年ほど前、社会人スタッフとして参加した「無人島生活体験」指導で、後に鹿児島水害をもたらした巨大台風を豊後水道にある御五神島で迎えた時の、学生スタッフのO君のつぶやきである。夜明け前、暗いはずの海が波で白くなり、ゴーっと響くうねりの中、テントを倒して廃屋にシートで屋根をつけてみんなを避難させた。できる準備は全部やって、あとは台風をやり過ごすだけであったが、子供70人、スタッフ20人は不安で眠れなかった。彼はそこで歯を磨いて、こう言ったのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/03 11:17
選挙に出るということ
選挙に出るということ 先々週の県議選、今週末の市町議選に計10人の友人・知人が出馬している。4年前の統一地方選挙時には「NPO関係者が増えたなあ」と感じたが、今回はより身近な人が選挙に出ているので大いに気になっている。ここまでの結果は落選が8割と、選挙の難しさとその後を心配している。選挙を通じて人間関係の渦に巻き込まれ、家族や周囲も消耗しきっているように感じるからだ。そう思うほど、「次回もチャレンジしてよ」とはとても言えない。 一方、各候補者の辻立ち演説を聞いたり、マニフェストをじっくり読んでみたが、薄っぺらく感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/20 21:50
ハケンの変革
ハケンの変革 6年前に2度、某検定の受付補助業を人材派遣会社と派遣契約を交わして、実務を担当したことがあるが、この1年は10社を超える派遣会社の営業と話し、延べ50人以上の派遣スタッフを見てきた。そのうち数人とは仕事外の話もするようになり、考え方や人となりも少しずつわかってきた。バイトと割り切っている者も多いが、職員にも同様の者もいるし、当たり前だが、概ね職員と変わらないと感じる。 一方、テレビドラマ「ハケンの品格」では、スーパーハケンと言われる篠原涼子演じる大前さんがシビアに時間で作業する一方、新米派遣の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/15 21:43
ハケン弁当てんこ盛り
ハケン弁当てんこ盛り 毎週水曜、久しぶりに欠かさず観ているのがドラマ「ハケンの品格」である。広告代理店を舞台にして、スーパー派遣の大前さんの痛快な活躍が目玉のようだが、私は正社員と派遣社員の人間関係のけっこう細かい部分、言葉に注目している。毎回、納得したり疑問に思うことが幕の内弁当状態に散らべられている。例えば、最初のナレーション「今や派遣なしでは会社はまわらない」には、実際そういうところは多いだろうな。「(派遣社員になって)煩わしい人間関係から脱却したい」には、いやいやそうはいかないでしょ。自分意思や自己責任が強く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/21 23:39
自分の職務歴を学校に喩えると
自分の職務歴を学校に喩えると 大学を卒業して就職した時、「小学校、中学校、高校、大学と長い学生生活だったなあ」と感じたことをよく覚えている。先日、ふと、自分の職務歴を振り返ってこんなことに気づいた。最初の3年は本庁、次の3年は市内の社会教育現場で、仕事の基本を学んだ。これは小学校の6年間に相当するだろう。そして、浜松に引越して会計業務を3年。ここでは、様々な部署の業務をお金の動きから広く学ぶことができた。これは中学校に相当するだろう。その次は教育系へ3年間出向。ここでは「大検だいすけ」スタートにあるように、公私融合とか本業ボ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/28 00:42
そのまんま東氏が田中前長野県知事を超えるには
そのまんま東氏が田中前長野県知事を超えるには 先日、長野県の友人から信濃毎日新聞の連載記事、田中前知事の6年間の県政「組織と個」のコピーをいただいた。田中前知事が唱え続けた「県益は県民益でなくてはならない」の視点には大いに賛成できる。組織のための組織、手続きのための手続きなどに疑問すら感じなくなっていると思うからである。一方、その視点を実現するための職員内部への取り組みはどうだったか。強力なトップダウンと頻繁な人事異動などから職員間での不安が増大し、自立・自律意識も薄れ、結局は組織の中での個が生かされなかったのだろうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/22 00:06
2006年の自分総括
2006年の自分総括 この1年を振り返ってみると、仕事では総務事務の集中化を調整する部署への転勤、家庭では長女の幼稚園入園という変化があり、これに伴い生活も家庭重視へと変わることになった。一方、3角形のもう一辺である自己啓発兼地域貢献では、前半は、“人生起き上がり小法師”高卒取得応援サービス「高認コージ」でSOHOしずおかビジネスプランコンテスト準優勝、さらには「ワンコイン人材バンク」で地域シゴトの学校を卒業するなど、 「企画・アイデア力」を搾り出すことができた。後半は、富士宮にて市民協働プロジェクトをファシリテー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/31 21:47
あの検定は仕事でやってるんじゃないの?
あの検定は仕事でやってるんじゃないの? 「いただきます検定」が多くのマスコミに報道されたため、知人や旧友に会うとよく「頑張ってるねえ、新聞見たよ」などと言われる。そして話していくうちによく言われたのがタイトルの言葉である。私の本業部署は現在のところ会計・総務事務部局だから、どうこじつけても「いただきます検定」は本業ではない。どうやら、仕事外に自分の住んでいる地域以外で社会貢献的な活動をすることが意外らしい。(幸せ3角形の法則)それでもボランティアに理解のある人ならば少し話せばわかってくれるようになってきた。ただ、私がやっていることはボ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/12/17 22:06
当たり前のことは当たり前に伝えない
当たり前のことは当たり前に伝えない 当たり前のことでも伝えなければならないことがある。最近だと、飲酒運転の撲滅のために、「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」などであり、新聞等でも様々な団体でこの言葉が確認された等が記事になっている。また、同じ交通関係でも、キャラバン隊やラジオ等で、「スピードの出しすぎに注意しましょう」とか「暗くなったら早めにヘッドライトをつけましょう」などと叫んでもどれだけ心に響くのか疑問に思っている。なぜなら、当たり前のことを当たり前に伝えても、ピンとこないし、わかってるよ、そんなことと耳をふさぐ気持ちがあるから... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/22 07:50
あの日の自分を忘れない 9.11
あの日の自分を忘れない 9.11 言葉の達人、いえ、気づき感度ピカイチ友人の しもさんのブログにこんな記事があった。 あの時、何をしていたのか、覚えている日・9.11 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/12 22:25
プロジェクトFと公務員
プロジェクトFと公務員 昨晩は月に1度のプロジェクトFのため夜な夜な富士宮に向かった。既にこのブログで何度も取り上げているものの、実は何をやるのかはまだ公表していない。「食を選ぶ目を養う」ことを北極星にして、市民レベルでできる最も効果的だとメンバーで選んだものである。今月末にはプレスリリースするので、それまで待っていてほしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/05 23:19
ホウレンソウの前にジャガイモを
ホウレンソウの前にジャガイモを ホウレンソウは「報告・連絡・相談」の頭文字を使った言葉で、上司が部下に対して「もっとするように」という意味で昔からよく使われている。ただ私の経験上、この「ホウ」「レン」「ソウ」が不十分な場合、上司に話しにくい雰囲気があったり、どこからどのくらいのものを「ホウ」「レン」「ソウ」すべきかがわからないことが多い。すなわち、指示を出す側にも問題があることを指摘したい。 そうかといっても、実際は、なかなか言い返せないものであるが、先日、自己流のこんな喩えを使って伝えたところ期待以上に広まったのでここで紹... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/13 22:47
それって自分が言われていたのかと
それって自分が言われていたのかと システムが急に重くなった。業者に見てもらうと、まず最初に言われたのが、 「年度初めの各種変更が原因かもしれない」とのこと。他の専門用語はあまりわからなかったが妙に納得した。 自分も、人事異動で、仕事内容はもちろん、事務の進め方、環境等も大きく変わったもんなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/18 22:20
思い出した「心に残る接遇」
思い出した「心に残る接遇」 昨晩は、大好きな友人が接遇研修リハーサルを行うというので、同僚と受講生役をかってでた。来週から某企業の若手社員を対象とした研修が始まるとのことで、彼女も気合が入っていた。思えば、1年前、 「おもてなしバッジ」メンバーを対象に接遇研修を開いてもらったのが第1号だったそうで、起業1周年記念とも言えるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/05/12 22:49
人事交流1年間の総括
人事交流1年間の総括 政令指定都市への人事交流から戻って1か月が過ぎた。この1年間を総括しようと思う。 まず、自分への最大かつ最低限の使命は「県が行っていた事務をスムーズに市に移行させること」であった。これは、市のやり方・文化にとまどう面はあったものの、最初の1か月の記録を翌月に修正するなどで、おおむね3か月で流れをつかむことができたと思う。 次に考えたのは、 「市に移行させたことでプラスアルファをつくること」であった。当初から意識していたのはNPO法人の事業報告書の提出率を100%にすることである。広域である県... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/07 22:57
市役所勤務最後の日
市役所勤務最後の日 平成18年3月31日金曜日。いつもと同じ道、同じ玄関ロビー、同じエレベーター、同じ執務室、同じ机、同じ景色。なのに何か違う気がした。来週以降、ここに来ることはあっても今までの気持ちでは来られないだろう。気軽に来ようとは思うものの、中の人から外の人になってしまうからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/02 00:02
異動の内示に桜のつぼみ
異動の内示に桜のつぼみ 昨年4月の政令指定都市移行に伴う人事交流もあと1週間となった。1年は短いと感じるが、折り返した後、特に年が変わってからは加速したように思えた。 1年の総括はこの1週間が終わってからにしようと思うが、既に先週、人事異動の内示があった。これまでNPO通算4年だが、その前の社会教育を含めると広義の市民活動を7年間担当してきた。また、次の3年は、2人の子どもが幼稚園に入るため、家庭を大事にしたい時期である。したがって、今回の異動では、仕事の内容以上に、場所や業務量が気になっていた。 22日昼過ぎに連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 21:44
同じ目線で考えるとは、その2
同じ目線で考えるとは、その2 以前同じタイトルでブログに書いたことがある。「同じ目線で考える」だけならよく言われることだが、「自分だったら」の視点を加えることが、私の仕事上の相談でのスタンスである。この「自分だったら」の視点は本気になるので、どうしても厳しくなる面もあるが、おおむね満足度が高いようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/27 22:16
アイセル女性カレッジが助けたもの
アイセル女性カレッジが助けたもの 土曜日に、アイセル女性カレッジ連続講座の9回目を担当した。 私のテーマは、「NPOという選択 ピンチ?チャンス?女性とNPO」であった。NPOというテーマは、これ1回かぎりなので、「NPOって何?」から始めたら終わらない。さらに、下見をしたかぎりでは受講生のニーズのレベルは高そうである。そこで、年末から、事例提供者に依頼して、基本情報や、人やお金に関する質問シートをだしてもらっていた。私の前が社会保険労務士のEさん、後が起業家のSさんなので、NPO的な働き方やNPO的なビジネス手法も示せたらい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/14 22:55
私のビジコンテーマのルーツ
私のビジコンテーマのルーツ ビジコン本番まであと2日。 「そもそもなんで、大検(今は高認という)サポートはじめたの?」と聞かれるので、紹介します。 私は、平成11年4月に県教育委員会に派遣(人事交流)することになり、担当業務の1つが大検だったのです。それまで大検の業務は、教員、それも学校から初めて教育委員会に転勤になった40歳前後の教員が担当していました。私のウン代前には元教育長やら校長がいますので、過去には有望株にやらせようという狙いもあったのかもしれません。しかし、花形事業とは対極の業務なので、なり手がなく、新人の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/05 07:13
私のビジコンでの北極星
私のビジコンでの北極星 昨年のビジネスプランコンテストの入賞者からこんな話を聞いたことがある。発表前のブラッシュアップ講師から最初に「君の目的は、プランの発表か、プランの実現のどっちか?」と聞かれたそうである。彼は、少し考えたものの「プランの実現です」とはっきり伝えたそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/19 22:50
自分冥利に尽きる言葉
自分冥利に尽きる言葉 「最上の幸福は、1年の終わりにおいて、年頭における自己よりも、よりよくなったと感ずることである」トルストイ 1年を振り返ると、「おもてなしバッジ」の完成、NPOのツボ講座のシリーズ化、富士宮協働のツボ「あの手この手でカベ越えテ」シンポジウムの開催、地域シゴトの学校参加、SOHOしずおかビジネスプランコンテストへの応募など、本業と本業外すれすれの活動が相乗効果を引き起こせたと思う。一方、残り3ヶ月になって、引継ぎやモチベーションの維持等、1年限定の仕事の難しさも痛感している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/31 00:01
10年前の自分に会う
10年前の自分に会う ある友人から、「これ、書いたのお前か?だいぶサバ読んでるけど」と言われてみたのが、この 阪神淡路大震災10周年記念事業 私たちの1/17 ボランティアマニュアル !あっ思い出した。当時、旧下山手小学校避難所に行くように指示されて、気合を入れて歩いて行ったらボランティアが1人もいなかった(帰ったあと?)のでとても困った。こんなようにならないためにも、避難している方に聞きながら(怒られながら?)作ったのがこのボランティア用運営マニュアルである。あーなつかしいなあ。そうそう、もちろん、書いた当時の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/24 06:59
公務員の給与削減に思うこと
公務員の給与削減に思うこと 公務員制度改革については給与削減に話題が集中している。北海道庁は全職員10%給与カット、下田市も同様で、富士宮市では6%カットされる見込みである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/11/29 23:02
バッティングの活用方法
バッティングの活用方法 秋はイベントが集中する。市役所市民生活課の前のちらし置き場をみても、毎週のようにNPO・創業関連のイベントがあり、来客に紹介している。そんな中、先週土曜のイベントは本当に困った。似たようなイベントが同一日にあったからだ。会場も同じ建物、講師も一部同一、1つは有料、もう1つは無料。どちらも満席にはなったようだが、何か工夫できなかったかと思う。日を変える、場所を変える、どちらも変えられないのなら、違いを明確にするなど。後でバッティングに気づいたのなら、後で広報する方で、ここが違うと付け加える手もあっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/22 22:06
ケンとシ、「せき」はどっち?
ケンとシ、「せき」はどっち? 静岡県から1年間限定で静岡市に人事交流している。そのため、「あなたはどっちですか」と聞かれることが多い。ちゃんと説明することもあるが、親しい人又は親しくなりたい人にはこう答えている。 「戸籍の籍は静岡県、座席の席は静岡市、でも責任の責は両方に置いてますよ」 最後が肝心で、別に戸籍や座席が聞きたいわけではないだろうし、自分の意志をはっきり示した方がいいだろうと思うからである。 普段仕事をしている以上、静岡市での責任は負うのは当然である。県においても本来は同等だろう。でもそのためには常に情報... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/21 22:10
うれしい誤算、夢現塾
うれしい誤算、夢現塾 私は昨年に続いて副塾長に選任されたが、正直言うと、塾組織自体が1年もたないと思っていた。それが20人以上の会員が継続して会費を納入してくれた。 夢現塾とは、昨夏SOHOしずおかが企画した夢づくり創業塾の卒業生の有志でつくった組織である。したがって当然個々人の目標は自身の創業や経営改革であり、仲良し会では全くない。だから個人が成長すればするほど求心力が弱まるだろうと考えていたのである。 しかし実際は、ジャンルや考え方の違う相手からヒントをもらうことも多いようである。私の場合、NPOの相談のジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/11/16 06:43
NPOも「ビジネス感覚が必要」の先にあるもの
NPOも「ビジネス感覚が必要」の先にあるもの NPOも「ビジネス感覚が必要である」とよく言われるようになった。ボランティアの延長感覚でNPO法人格を取得するケースがあるが、使命感や情熱だけでは続かないからである。実際、自分の知っているNPO法人でも、申請時には強い意欲を感じたものの、今は休眠しているものも少なくない。 しかし、ただ「ビジネス感覚が必要」ではなく、その先が肝心であると思う。例えばあるサービスを提供して対価を得るNPOがあったとする。ビジネス感覚で言えば、まずは顧客を増やす、1人あたりの回数を増やすことを目指す。その先はと言... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/11/15 06:48
アイセル女性カレッジでキャッチしたもの
アイセル女性カレッジでキャッチしたもの この秋に開講したアイセル女性カレッジの2月11日(土)NPOという選択「ピンチ?チャンス?女性とNPO」を引き受けることになり、その下見として、須田さんの「わたしのキャッチコピーをつくろう」を聴講した。このところ月1回ペースで講師をしているが、こういう連続講座の場合、先の回に出て、受講生の様子や雰囲気をつかんで作戦を考えようと思ったからだ。 須田さんのパワフルな進行を見て、変幻自在のキャラ姉さん友○さんを思い出していたら、ふと気づいたことがある。受講生が前のめりで聞いている、めっちゃ真剣なの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2005/11/14 06:17
自治基本条例人形劇でのもう1つのキャッチボール
自治基本条例人形劇でのもう1つのキャッチボール 静岡市自治基本条例の人形劇を鑑賞した。自治基本条例とは、自治体の憲法とも言われるもので、条例の頂点に立ち、他の条例の基本精神を定めるものである。意味としては、まちづくりの主体である市民が、自主的に又は議会と行政と協働して静岡市を創造するものである。なお、当事業は、ボランティア団体「健やかな命のための生活講座」がNPO協働パイロット事業に応募し、次点落選したものの、市の総務課との協働により実現したものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/13 23:07
NPOのツボをくいっくいっくいっ
NPOのツボをくいっくいっくいっ 8日夜、清水でNPOのツボシリーズ第3弾「NPO助成金のツボ」講座を開催するため、横浜からとんぼ返りした。 前半は某起業講座で知り合った社会保険労務士のEさん、後半はゆめ・まち・ねっとのたっちゃんだ。 Eさんは、NPOの労務管理にも携わっているだけあって、NPOが見落としがちな雇用関連の助成金のツボやドツボを的確に突いてくれたと思う。実際、NPO設立アドバイザー等からも、「これを知ってるかどうかは大きい、遠くから参加してよかったー」との声がきかれた。たっちゃんのよくある申請項目別チェックポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/11 22:19
「新しい公共」を考えようよ
「新しい公共」を考えようよ 11月7日、8日と「新しい公共」を考える横浜会議に参加した。名簿を見ると集まったのは自治体職員、NPOなど1000人ほど、でも半分近くは横浜市職員?それに分科会や交流会には不参加、動員かもね。私は、コラボレーションフォーラム横浜は3回ともフル参加。県外で3回ともフル参加で交流会も出ているので、なんだか顔も覚え覚えられたようだ。 さて、今回は北川前三重県知事、古川佐賀県知事、中田横浜市長など豪華な顔ぶれが楽しみだったが、個人的には少し期待はずれ、残念。初日の対談はかみあわず中身は一向に深まらな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/11/11 22:07
4度目の正直、ビジネスプランコンテスト
4度目の正直、ビジネスプランコンテスト 先日、第4回SOHOしずおかビジネスプランコンテストに応募した作品は、「人生起き上がり小法師」である。1作目が「つづき文学グランプリ」、2作目が「社会貢献プライド割引」、3作目が昨年審査員特別賞をいただいた「現物給付型民間介護保険コーディネート」とどれも社会貢献色の濃い起業である。2と3の間には、某NPOに協力してもらい、某ショッピングセンターでの古紙回収プロジェクトの実現交渉をしたこともあった(結果時期尚早と判断され未実施)。 さて、3作品とも、2次ヒアリングで共通して審査員に聞かれたのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/04 19:59
もっと勝つための「イベント」インターネットPR術
もっと勝つための「イベント」インターネットPR術 勝つための「イベント」インターネットPR術が富士宮「あの手この手」シンポで効果的だったことは以前書いたが、早速、11月19日(土)13:00から清水テルサ(静岡市清水区)でNPO協働活動発表会「我らNPO!ご近所の問題、みんなで解決します」で応用されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 00:06
ビジコンは、総合格闘技PRIDE
ビジコンは、総合格闘技PRIDE 以前の太地君のコメントにもあるが、私にとってSOHOしずおかビジネスプランコンテスト(ビジコン)は、総合格闘技PRIDEのように感じている。総合格闘技PRIDEとは、プロレス、キック、柔術やサンボといったあらゆる格闘技の者が同じルールで戦う競技である。今夏のミドル級トーナメントではベスト4に、ブラジル勢が3名、うち2人が同じシュートボクセというジム仲間とのことである。昨年のビジコンでは、夢づくり創業塾(OBでつくった夢現塾)から2名が最終選考に残り、私も審査員特別賞を頂いた。 普段、私は、N... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/29 15:31
県庁を辞める日
県庁を辞める日 この1年ほどの間に4人の友人が県庁を退職した。いずれも30代から40代のバリバリ中堅クラスであり、寿退職でもない。冗談で、「次はろくさんかな」と言われることもあるが、雇用不況が続き、公務員志望が増える中での脱県庁なのだから、この意味は小さくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/10/19 00:01
ウラもないけど「おもてなし」
ウラもないけど「おもてなし」 一昨年から昨年にかけて、ウラ金と言われる疑いのある資金やウラ切手といわれる帳簿外の切手が県庁で相次いで見つかり、県庁の全職員が倫理研修を受けたり、様々な綱紀粛正通知が文書で出された。一方、昨年の今頃は、私たち職員有志ではじまった「おもてなしバッジ」は、イラスト候補が決まり、メッセージコピーを職員から募集しようとした時期であった。 この時、職員向け募集ちらしの頭に書いたのがこれ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/17 00:02
SOHOはマル2つ、NPOは…
SOHOはマル2つ、NPOは… 昨晩は自分が副塾長をしている夢現塾で、SOHOしずおかビジネスプランコンテスト対策セミナーを開催した。元々が同じ創業塾の塾生OBということもあるが、前回は入賞6人中3人が夢現塾生であったこともあり、第2期の創業塾生K君などからのリクエストに応え実現したセミナーである。今回は、最優秀賞を獲得したTさんを迎え、夢現塾から幸せを呼ぶアーティストTさん(奨励賞)、ミニユニフォームのSさん(優秀賞&IT賞)と私(審査員特別賞)の4人から、2次面接の様子やブラッシュアップのウラ話など、絶対に他では聞けない... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 7

2005/10/16 14:52
中から見た国調と、中を知って外から見た国調
中から見た国調と、中を知って外から見た国調 国勢調査の指導員をしている。調査員10人のとりまとめ兼調査票(封入されていないもの)の検査をするのが主な業務であり、昨日までで調査員の回収が終わったところである。今日から調査員の自宅を回って調査票を取りまとめる予定だが、この2週間は毎日のように調査員からの相談・苦情が続いている。社会がより孤立化(閉鎖的)したり、個人情報保護法が施行されるなど情報漏えいに敏感になったことなどから、アパート等の住人に会うことができない場合が多い。一方、全国で国勢調査を巡るトラブルも相次いでいて、ニセ調査員に盗られ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 00:01
同じ目線で考えるとは
仕事で様々な相談を受ける。 相談のツボとして、同じ目線で考える姿勢が必要と言われるが、それだけじゃ足らないと思う。これを自分なりに解釈すると、「職務や立場で言うべきことはちゃんと言い、それとは区別した上で職務や立場を超えて相手の立場になって話すこと」だと思う。 例えば、法律上○○する必要がある。それは守るべき内容であると答えた上で、具体的方法や他でうまくやっている事例等を紹介したり、「自分だったら」と前置きした上で、自分ならこうすると話すことが最も相手の満足度が高いようである。 このことが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/09 22:29

トップへ | みんなの「私のお仕事」ブログ

Say Ray おどろ記 私のお仕事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる