Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無茶な依頼がうれしい理由

<<   作成日時 : 2007/10/22 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像最近は他人に依頼するのが難しいとか、できるだけ自分でやってみることが美徳と考えられていることが多いと感じる。例えば、わからない言葉の意味を調べるのに、知っていそうな人に聞く前に、自分でインターネットで調べることが増えたと思う。このケースでは、IT化で便利になったのと同時にこうした他人との関わりが希薄になったようにも思える。無理な依頼はもちろん、簡単な依頼なら自分でやるべきという風潮が強まっていると言えるだろう。

そんな中、人間関係づくりにとても有効な手がある。それが「無茶な依頼をする」ということである。数年前、ある有名人から「今、ある作家が静岡県内のとある別荘で執筆活動をしている。手紙を書きたいのでその所在地を調べたい。」という依頼を受けた。「そんな無茶な!」と思ったが、同時に「なぜ私に?」とも思い、やるだけやってみるかと、地域に詳しい友人ネットワークから、有力な別荘地がわかった。さらに調べると、偶然にも過去に名刺交換した知人の中にその別荘地のすぐ近くに住んでいる方がいることがわかった。そして、ついに所在地がわかってしまったのである。その後、依頼者と私の絆が強固なものになったことは言うまでもない。

他にもそれぞれ別の方から、 「来週の某小学校の児童会のお昼のテレビ中継に出演して、美化活動にコメントしてほしい」とか「某大企業のイベントに人集めの目玉事業となる仕掛け(ストーリー)を作ってほしい」というのがあった。どちらも自分の経験したことのない事業だし、専門知識も時間も少ないから、かなり無茶な依頼である。しかし、自分を選んで頼んでくれたことを意気に感じて、あの手この手を尽くした。こちらも何とか依頼者の予想を超える成果を出せたと思っているが、もしだめでもいい関係になっていたと思う。無茶な依頼ができる関係、それを意気に感じること、あの手この手を尽くすこと、そして今度は相手にも無茶な(?)依頼をする。これは、お互いが相当の信頼を寄せているということになるだろう。信用のない無理な依頼は勘弁してほしいが、信頼のある無茶な依頼はうれしいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃ〜〜〜!

無茶な依頼をしたのは、この私で〜す!
「虫のしらせ?」で覗いたら、なんとまあ。

トリビアでもお世話になりました。
無事カタチになったよ。
今度、完成品を渡すね☆
んで、いつとは、約束できない。
また、急襲します(笑)


PS. いつもありがとう。

みつのすけ
2007/10/31 16:02
みつのすけさん、着信はいると「おっ今度は何だ!」とわくわくするんだけけど、最近はそれが簡単な依頼だと、がっかりするんだよねー。
次は、こっちから無茶依頼するよっ!
ろくさん
2007/11/01 06:35
この記事を書いて以来、無茶な依頼が急増中!
うれしい悲鳴ならぬ、ひきつり笑いでーす!
ろくさん
2007/11/02 23:38
ろくぅ〜 がんばれぇぇぇ〜(ひとごと・笑)


みつのすけ
2007/11/15 13:24
みつぅ〜の方こそ、がんばれぇ〜。先週土曜、某学祭で下の子、見たで〜。
ろくさん
2007/11/15 23:57
って、ふつーの会話になってるやん!

また、電話する(笑)



ぎゃ〜〜!! はず〜〜!!
2007/11/16 10:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
無茶な依頼がうれしい理由 Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる