Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 亡くなった同級生が動かしたもの

<<   作成日時 : 2007/06/09 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像先月、中学の同級生が突然亡くなった。その晩、懐かしい友人から知らされ、彼の表情や声を思い出すと同時に、長いこと会う機会をつくらないでいたことを悔やんだ。私の同級生は小さな地域のため、幼稚園、小学校、中学校が1つしかなく、かつほぼずっと2クラスしかなかった。そのため、結束が強いから、いつでも会えるだろうという気持ちと、高校卒業以来地元を離れている自分がやらなくてもいいだろうとの考えで、同窓会を開かないでいた。第1回が16歳の時、中学の図書室。第2回が22歳の夏、地元の料理店で、第3回が23歳の冬、地元のホテルで開いて以来である。

さて、葬儀にかけつけると、既に同級生らしき人たちが集まっていた。 「・・・Y君だよね」「えっと・・・Mさん?」みんな面影を残しつつも、少しずつ変わっていた。太った者、色っぽくなった者、小さくなった(?)者、みんな年をとったなあと思った。そして同窓会の話を切り出そうとすると、F君が「実は、メーリングリストを作ったんだ。前から思っていたけど、亡くなったことを聞いて、その晩に作ったよ。もう、こんなにアドレスも集まったんだよ」とのこと。そして、葬儀後、同窓会の話が具体的になり、ホテルに勤務しているM君に会場を依頼し、日程も決まった。自分もMLの管理等、離れていてもできることを行っているし、さらにどんどん協力したいと思っている。

彼が亡くなったことはもちろん悲しい。でも彼が同級生を集めた。そして、同級生のつなげようとする気持ちを後押しさせたんだと思う。なんとなく強いだろうと思っていた絆をここから本物にしたいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亡くなった同級生が動かしたもの Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる