Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新作みかん「甘酸っぱーギュウギュウ詰め」

<<   作成日時 : 2007/03/18 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像先日、友人からある貴重なみかんを頂いた。なんでも特殊な方法で作るため、出荷時期が短期で、すぐいたんでしまうとのこと。見た目は普通、ところが皮をむいて、1口食べた途端、「なんだーこれは!」となった。噛み砕いた中から、2倍の濃さの甘さと酸っぱさがジュワーッと口全体に広がったからだ。1粒に2倍以上の甘さと酸っぱさが詰まっているんじゃないかと思った。「これはすごいもん作ったね〜」と言うと、どうやら売り方に悩んでいるらしい。作る苦労の割りに高く買ってくれないとのことである。そこで、あの人やこの人に紹介しようなあんて思って、作戦を考えていた。でも結局は友人家族の反対のため、作戦を考える前にぽしゃってしまった。
さて、妄想プランを作ってみよう。どうしたら売れるか?キーワードは「差別化」だろう。今までのみかんじゃない、いやむしろ、みかんとは別のものくらいでいこう!
ネーミングは、地域の名前よりもそのジュワーッと口全体に広がった感覚を言葉にした方がいい。「甘酸っぱーギュウギュウ詰め」など。そう言えば、「フランスパン工房」というお菓子があるが、もし「フランスパンチップス」としていたらどうだろう。「ポテトチップス」のイメージが残るため、なあんだジャガイモの代わりにパンってことねと安っぽくなってしまう。CMでの美輪さんの奇抜性ともマッチし、全く新しいアイデアのイメージが植えつけられていると思う。
次に売り方であるが、出荷時期が短期で、すぐいたむということから、限定品として売るのはもちろんだが、特にギフト向きではないだろうか。もらった側の驚く顔が想像できるし、贈った側の評価も上がるだろう。
このように特徴を活かし、欠点までも利用して「差別化」することは販売戦略の基本だと思うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新作みかん「甘酸っぱーギュウギュウ詰め」 Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる