Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域シゴト卒業プレゼンってなんだ?

<<   作成日時 : 2007/03/11 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像第2期地域シゴトの学校卒業プレゼンテーションを観覧した。昨年は1期生として発表者側であったので、休憩時間や打ち上げの際に2期生と話しながら1年前の苦労や達成感を次々と思い出した。特に共感したキーワードは、 「始めないと意味がない」である。このブログに何度も登場している「北極星」と共に必要な「すぐできることは何か」を考えることと一致する。 「いただきます検定」では、北極星は「食を選ぶ目を養う」であり、その次に行ったのがミニミニプレゼン合戦であった。さらにそこから、「自分が主体的に参加したいものなら何票でもOK」という方法で選定した。この過程で、合意形成と仲間意識が化学反応を起こし、様々なアイデアがくっついていったとも言えそうである。

さて、 「地域シゴト卒業プレゼン作品は実現させなくてはならないか」という命題がある。観覧する立場としては「いつ実現するのか?」「実現させなければ無責任」と思う。一方発表する立場からは「発表する期限が決まっている」「仲間やテーマに一部制約がある」「あくまで学ぶという意識」から、実現というハードルは実際のところ厳しいと思える。実際、昨年度のうちの班「ワンコイン人材バンク」も関連分野のNPOにプレゼンしようという意味で合意した。そして、1年後の今振り返ると、地域シゴト卒業プレゼンは臨界前核実験とするのがいいと思う。臨界前核実験とは、プルトニウムやウランが連鎖反応で次々と核分裂を起こす「臨界」に達する直前ぎりぎりに実験を停止し、停止までの間に核物質の反応や動きを調べる模擬実験である。直前ぎりぎりまで行うことで、企画のおもしろさだけでなく、採算性や仲間の集め方、隠れた課題が見えてくるからである。さらに、それを見た観客が仲間に加わったり、寄付をしたくなるという仕掛けをつくりたい。そうして次回はアイセルを満席にしたいと思うのである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「地域シゴト卒業プレゼン」について〜雑感〜
「地域シゴト卒業プレゼンってなんだ?」について ...続きを見る
なんくる なんくる
2007/03/16 22:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに臨界前実験みたいなものでした。
プレゼンしたことは、その時、その条件で考えられるベストに近いことではあるけれど、それが実用に耐えうるか、自分がやるかというと・・・。
シゴトの学校のプログラム自体も改善するところはアルとも思う。

ともかく、終わった直後の感想としては、『やってよかったけど、もうしばらくはやりたくない』ってとこが正直な感想かなぁ。
ひろくま
2007/03/12 06:14
会場満員計画、ぜひやりましょう♪
寄付、マッチング、ネットワークづくり。
あのプレゼン会場は、いろんな場にできそうな気がします。
形にするとき、ろくさんがいてくれれば安心だよ。
HARU
2007/03/12 23:42
>ひろくまさん
本当にお疲れ様でした。
「もうしばらくはやりたくない」が、そのうち、またやりたい気持ちがムズムズしてくるに違いないと思っています。(^^;

>HARUさん
照れるなあ。(〃∇〃) てれっ☆
形にするとき、HARUさんがいてくれれば勇気がでるよ。
ろくさん
2007/03/13 00:20
ご観覧ありがとうございました。
「臨界前核実験」・・・まさしく、そのとおりですね。
「はじめなければ、意味はない」・・・共有できる思い、できない思い、それぞれの立場、難しいことだらけで、前途多難ですが、違った形ではじめます。今はまだ、ほら話ですが(苦笑)いましばらくほら話に、ほんの時々、お付き合いいただければうれしいです。
メッコ
2007/03/19 07:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
地域シゴト卒業プレゼンってなんだ? Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる