Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS MLファシリテートあの手この手

<<   作成日時 : 2007/01/06 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像この1年、「高認コージ」のチーム∞ 、 「ワンコイン人材バンク」班富士宮プロジェクトFの各プロジェクトにおいて、実際に顔を合わせる会議に加えて簡単な意見交換を進めるために、ML(メーリングリスト)を活用して、各自の意見をファシリテートしてきた。しかし、実際の会議と違って、違うニュアンスにとられたり、誤解を恐れて文がだらだら長くなったりする他、一方では静かになりすぎることもあった。また、特定の2人だけでの熱い議論は、ちょうど複数のひもがからまった長縄跳びのように、他の人が入りにくい雰囲気になることもあった。そんな中、こうすればうまくいったことや何となくつかめたコツを紹介しようと思う。

1 柔らかく
最初の3行程度は本文に関係ない近況を書く。口語調や顔文字でニュアンスを加える。
2 キャッチボールを意識する(1対多→1対1)
特に返信してほしい人の名前を本文に入れて呼びかける。投稿してくれた意見に反応がなければ必ず反応する。また、「どうしたらいいか?」よりも、自分の案を示して「こうしたいがどうか?」とすると反応しやすい。
3 整理
分かれた意見が複雑になってきたら、これまでの意見を整理するだけで投稿する。A案とB案に分けた上で長所短所を示すことで、細部よりも全体で比較しやすくする。
4 氣を送り続ける
一段落過ぎた時などふっと静かになる時に、メンバーの功績に感謝しながら、次の目標を示す。GOOGLEアラートなどで新情報をキャッチして紹介するなど、情報とともに気持ちを絶やさない。
5 ユーモア
強く伝えたい時こそ、ユーモアを加えて気持ちを伝える。例えばメンバーからの反応がない時に送ったのがこれである。
エンタの犬○風に言えば、メーリスのブルース♪
自分は忙しいし、そのうち誰かが返信するやろと、ほっておくのか、そうは言っても、せっかくいっしょに○○をやったたんだし、仲間からの呼びかけに応えてみるのかは・・・、自由だーーーー。 o(▼▼)/○
日本舞踊を踊りながら・・・♪\(^\)(/^)/\(^\)(/^)/
ちゃんちゃちゃんちゃちゃららららーら♪「回答メーールが、いっぱいきたと思ったらー。ぜーんぶ、いやらし系のメールでしたー。」「ちっくしょーっ!」  (ё_ё)  by 小○太夫


まあ、そうは言っても、ML議論は、会議と違って深い議論には向かないので、「ここから先は直接話そう」といった切り分けも重大である。また、自分が主体でないMLの場合でも、ファシリテートに協力して、上記のように呼びかけていきたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MLファシリテートあの手この手 Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる