Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡おでん検定の70分の1の補助で

<<   作成日時 : 2006/12/06 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像本日12月6日の静岡新聞朝刊によると、静岡市は静岡おでんPR事業として「静岡おでん検定」と「静岡おでんフェスタ」に補正予算案に630万円を計上しているとのことである。えっえー、w(゜o゜)w 。おいおいおい。(・ε・)。なぬ?゛(`ヘ´#)?。

さて、ここで「いただきます検定」は幾らかかったのか紹介しよう。もちろん2次検定もあり、決算はこれからなので暫定的であるが、以下のとおりである。収入は、富士宮市からの補助が9万3千円、スタッフ20人が各3千円を預け、参加料500円×61人なので、全部で18万3千5百円である。支出は、問題集めと受検募集の広報用紙やプランターセット代などでほぼ収入と同額見込みである。よく行政の補助の切れ目が事業の切れ目と言われるが、「いただきます検定」は最初からお金がないことを前提に始め、お金をかけずに多くの人を巻き込む手法を用いた。たしかに富士宮市からの補助金は予定外でうれしかったものの、補助がなくてもできたと思っている。補助対象になったことは金額よりむしろ広報がやりやすくなったことの方が大きいくらいである。またスタッフからは手弁当での作業は大変だったものの新たな挑戦はわくわく・ドキドキして充実していたとの声が多い。受検者からも隣り同士交換して採点するのは新鮮で、早く結果がわかるのもいいと手作り感の評判もよかった。

さあ、「静岡おでん検定」はどうなるか?静岡おでんの会から「いただきます検定」の問題・正解・解説セットの提供依頼があったが、協力はもちろんやぶさかでない。しかし、ブームに踊らされてないか、本質をつかんでいるか、すなわち、ちゃんと北極星を見据えているか?それが結果を左右すると考えている。
まあ、それでも1桁高すぎると思うが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡おでん検定の70分の1の補助で Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる