Say Ray おどろ記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新しい公共」を考えようよ

<<   作成日時 : 2005/11/11 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像
11月7日、8日と「新しい公共」を考える横浜会議に参加した。名簿を見ると集まったのは自治体職員、NPOなど1000人ほど、でも半分近くは横浜市職員?それに分科会や交流会には不参加、動員かもね。私は、コラボレーションフォーラム横浜は3回ともフル参加。県外で3回ともフル参加で交流会も出ているので、なんだか顔も覚え覚えられたようだ。
さて、今回は北川前三重県知事、古川佐賀県知事、中田横浜市長など豪華な顔ぶれが楽しみだったが、個人的には少し期待はずれ、残念。初日の対談はかみあわず中身は一向に深まらない。2日目のパネルは各自の説明が長く、言いっぱなしになっているように感じた。自治体の代表としてあれもこれも盛り合わすよりも、キーワードでとんとん進められたらよかったと思う。分科会は「協働事業の提案制度・・・」に参加したが、現状を最大公約数でまとめる程度で、「新しい公共」にはとても結びつかない。行政職員が多いとはいえ、ブレークスルーには程遠い。事前にHPで分科会の予告が更新されると書いてあったが、更新されなかったのもあって事前準備でフォローもできなかった。
そうは言っても他人のせいにはできない。自分に何ができるのかを考えたい。分科会では合意形成までできなかった私の意見をまとめてみることから始めようと思う。
(参考)
ウン年後のコラボレーションフォーラム横浜「協働事業マーケット」
1 地域課題や行政課題をマーケットに入荷する。(行政・NPOなど)
2 マーケットには名前を公開し入場料を払えば誰でも参加できる。
 (入場料は提案料として事業提案者に配分される)
3 取引希望者は課題を解決する事業提案プレゼンを行う。
4 入荷者は最も適当な取引希望者と契約して協働事業を行う。
特長:従来の一方通行提案だけでなく、自治体間での競争、自治体とNPOとの競争など
「新しい公共」を担うための様々な可能性が広がると考える。
予告新聞記事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
遠くて、
いよいよ、知事・市長セッション。中田横浜市長、上田札幌市長、堂本千葉知事、古川佐賀知事と並んで、北脇市長もパネリストに。会場には顔見知りの市職員がちらほら。「民主主義の実践としての市政」、「まちが自分たちのものかといえるか」そのためにも、市民協働が必要と ...続きを見る
浜松HAPPY化計画ブログ
2005/11/12 21:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
顔ぶれ豪華でも、軸を通さないと顔ぶれならぬテーマぶれになっちゃうんだろうね。
手前味噌だけど、清水でのNPOシンポはテーマをNPOの熱い思いにしぼって、それが見事に軸になったと思う。

それにしても、そなーれの望月さんからもニット工房の増田さんからも、ろくさんへの感謝が出ていた。

新しい公共って、なにも特別なことを各自治体がしていくんじゃなくて、ろくさんのように市民に寄り添える職員を増やす、ただそれだけで充分だと思うんだよねぇ。
たっちゃん
2005/11/21 06:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新しい公共」を考えようよ Say Ray おどろ記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる